2017年4月19日水曜日

詩 121

  ∧ ∧        
 ( ・ω・)    (
 (つ= つ  _)___.  ,.-.、
  と_)__)  \≠/ (,,■)
        ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
      旦


硝子の中の小さな世界 零れ落ちた滴に詰め込んだ 春の色した花園

両手に包むと音がする 声にも似た歌のよう 心に優しく響くあの声

心もきっとこんな形 沢山の花が咲く 微笑み色の花達

悲しみは栄養になる 枯れることは決してない 無限にある幸せの種




                                   とんぼ玉の心






ふと見つけたものに、すごく惹かれることがあります。 ('ω')
美しいものは、どこからでも目を惹くものなのですね。
いつか目指すものがそうあると思い描いて。
手に取ったものを大事にして、いつまでもいつさまでも。

0 件のコメント:

コメントを投稿